絆を深める結婚指輪の重要性|合ったものやオリジナルをプレゼント

結婚式に着る衣装

黄緑のドレス

個性あふれるデザインを

結婚式で着るカラードレスは、ウエディングドレスに比べ個性を発揮しやすい衣装です。主に挙式で着ることの多いウエディングドレスは、デザインの種類は豊富ですが、色は真っ白と決まっており、なかなか他と差をつけるのが難しいものです。カラードレスであれば、小物の色使いや髪型、メイクなどによってその人らしさを存分に演出させることが出来ます。一生に一度の大切な日ですから、自分らしさを前面に出した、素敵なカラードレスを着るのがオススメです。カラードレスを決めるには、ドレス本体、小物、ヘアメイクというプロセスで全体像を決めていきます。その過程で、変更が効くのは小物やヘアメイクのみです。カラードレス本体は、人気のものであれば予約がすぐ埋まってしまう可能性が高くあとから変更が難しい場合も多いので、後悔のないよう本当に気に入ったものを選ぶようにすることが大切です。

小物とヘアメイクと合せる

カラードレスが決定したら、小物やヘアメイクと合わせて新婦の全体像を決めていきます。例えばカラードレスがピンクでふんわりとしたタイプのものであれば、小物は花冠やティアラなどの可愛らしいもので、持つブーケもピンク色で合わせ、ヘアメイクも甘めの巻髪にするなど統一すると、ドレスをより一層際立たせることが出来ます。逆に、黒でシックなカラードレスの場合は、小物はネックレスのみ、ブーケは丸いものではなく花束のようなフォルムのもの、ヘアメイクはアップスタイルの大人っぽいものにすると、黒いカラードレスより素敵に見せることが出来ます。このように、通常カラードレスに合わせてその他のものを決めて行きます。新婦の雰囲気を左右する大切な衣装なので、慎重に決めるようにしましょう。